なぜなら~書籍にも

なぜなら痛みのでている箇所だけでなく、原因と考えられる他の箇所にもアプローチする施術法だからです

雑誌やメディアにも掲載されました